2008年10月14日

パーキング活用計画提案コンペ 結果発表

イセザキモール4th St.パーキング活用計画提案コンペ
審査結果を発表いたします。

※10月21日:審査講評をアップしました。

講評
平成20年10月6日の審査会では、審査委員が個々に採点し、評価する作品を3つずつあげた上で討議を行い、最終的に満場一致で、全員が納得したA案を特賞に、次いで評価の高かったE案を入賞と決定しました。

討議の中では、全体としてコンセプトやアイデアの面白さと実現性やリアリティの両面をどう評価するかという点が議論されました。両方の視点を総合的に考えると、どれも合格点には達していないというコメントもありましたが、ある程度リアリティがあり、かつこの場所性を考慮していることを評価すべきという指摘がありました。また舞台芸術が運営できそうで、かつ運営上の新しいアイデアがでそうなものを評価するという意見もありました。
個々の審査委員が採点した時点で評価が集まったのはA、C、Eでした。各案の提案内容とそれぞれの作品への評価は次の通りです。


☆特賞
 A案:「みちに広がる広場」
 綾城圭(横国修士2年)

概要:背後の駐車場と隣接する風俗店を隠すためのスクリーンとして建物を機能させています。ただし、建物は緩やかな曲線を描いてモールから距離を取っていて、建物前面はモールと一体化した形の広場としています。また建物外壁に蓄光材を使用して、夜間照明としています。

講評:バランスがよく、ある程度リアリティがあると評価され、全員の評価が集まりました。駐車場と共存しながらモールに対して表情をつくっている点、テントや駐車場のスペースなどを使ってサーカス的なイメージを醸し出している点が評価されました。建物については「ややつくりすぎている」「ローコストでできるとよい」「インスタントな感じでつくれると面白い」などのコメントがありました。



★入賞(1件) 
 E案:「コンテナが運ぶ風景」
 小林雄太+福井啓介(横国修士1年)

概要:港町ヨコハマを象徴するコンテナをモチーフとしています。二つのコンテナを離して設置し、その間のスペースを屋外ステージとする計画です。またモールとステージの間はモールと一体化した広場として整備します。コンテナの片方は壁が大型の可動間仕切りになっていて、間仕切り壁の位置を変えることで質の違う外部空間を作り出すことができます。

講評:バランスがよく、ある程度リアリティがあると評価され、全員の評価が集まりました。駐車場と共存しながらモールに対して表情をつくっている点、テントや駐車場のスペースなどを使ってサーカス的なイメージを醸し出している点が評価されました。建物については「ややつくりすぎている」「ローコストでできるとよい」「インスタントな感じでつくれると面白い」などのコメントがありました。



・その他の応募提案
 C案:「isezaki mall street as a STAGE!!」
 小泉瑛一(横国学部3年)

概要:モールをステージに見立て、観客席のような建物をモール沿いにつくっています。階段状の建物自体がスタンドとなっているデザインです。またモールの向かい側にスクリーンを設置して、屋外シアターのように使用することも想定しています。さらに、情報発信機能としてポッドキャスト放送局を盛り込んだ計画となっています。

講評:演者をモール側に置くというアイデア、日常的にポッドキャストを置くというアイデアが評価されました。またやろうと思えばできるというリアリティも評価されました。「動くと面白い」「海の家ぐらい簡便な建築でもよい」という意見もありました。ただし「アイデアはよいがデザインは良くない。建築のスケール感が違う」という指摘もありました。



その他の案についての講評:
D案は「空間の使い方の提案が斬新で面白い」「学生のアイデアとしては一番」という意見がある一方、リアリティがない、ローコストという条件を逸脱している、実現性は難しいという評価でした。
要項には駐車場を残すことを条件として明記していませんでしたが、「駐車場を残すことを評価するとすれば、F、G、Hが評価できる。うまくつくればイセザキの資産として残る可能性がある」とのコメントがありました。その中でH案については「限定した切り口を明確にしている」「実は非常にコンセプチュアル」という評価もありましたが、「注釈付きでないと危険」とされました。

 B案:「都市の家具」
 小野琢也(横国修士1年)

概要:敷地を緑地の公園として整備している点が特徴です。敷地のほぼ中央に建物を配置し、公園=オープンスペースを有効に使うための家具と見立てています。建物の外観は、テントが寄り集まった様子をモチーフとしています。



 D案:「壁のすきまの小屋」
 圓木裕基(横国修士1年)

概要:敷地を幾つかの大きな壁で仕切って、各々の前面道路に向けて分割しています。そして、その各々の部分に舞台やカフェ等のオープンスペースの機能を割り振る一方、壁に囲まれた敷地中央部は屋根を掛け屋内空間としています。壁は単純に仕切るだけではなく開口部が適宜設置されていて、壁の向こうが見えたり人が通り抜けたりできて、面白い仕掛けになっています。


F案:「ISEZAKI PLATFORM」
 安士正朗(横国修士2年)

概要:第一に、イセザキモール側に壁を立てることをコンセプトとしています。またその壁の一部は壁と一体化した建物としてつくって、多目的に使用できるスタジオとしています。工業用モジュールを使用することで安価かつ統一された(近代建築的な)デザインの外観としています。


 G案:「座の座」
 平野宣昭(神大学部生)

概要:モールに面した、カーテンや壁、あるいはテント等で自由にくぎることのできるボックス状の外部空間が最大の特徴です。それを囲む屋根ありの建物部分も含めて、非常にフレキシブルな区切り方・使い方ができる案です。また、カーテン等の柔らかい素材を使用することを想定しているのも特徴的です。


 H案:「はりぼてげきじょう」
 古川智望(神大修士課程)

概要:映画セットの書き割りのような、板一枚の張りぼてをモールに面して建ててしまうというアイデアです。イベント時には書き割りの窓やドアが実際に開き、背後の駐車場を舞台として使用したり、あるいはスクリーンとして使用して上映会等を行うことを想定しています。





同じカテゴリー(まちづくり会議)の記事画像
第12回運営会議
第11回運営委員会
第9回運営委員会
直前報告!第6回「The‐kiza」運営委員会が・・・
第5回「The-Kiza」運営委員会
第4回 運営委員会
同じカテゴリー(まちづくり会議)の記事
 駐車場コンペ速報 (2008-10-11 15:37)
 第12回運営会議 (2008-10-02 19:50)
 第11回運営委員会 (2008-08-29 16:09)
 第9回運営委員会 (2008-06-28 19:12)
 直前報告!第6回「The‐kiza」運営委員会が・・・ (2008-03-27 19:44)
 「あびぃ」月例会にお邪魔。。。 (2008-03-10 23:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。